プロフィール

羽住 都 (ハスミ ミヤコ)

Author:羽住 都 (ハスミ ミヤコ)
絵を描く仕事をしたりしています('96~)。
(過去に関わった出版物等の一部→お仕事の本棚

最近の記事

カテゴリー

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を握る泥棒のはなし

(C)2008-Miyako Hasumi
「手を握る泥棒のはなし」
『ザ・スニーカー』2002年4月号掲載(角川書店)
画集『透きとおる扉の向こう』収録(朝日ソノラマ)
主な使用画材/ワトソン紙、透明水彩、カラーインクのセピア

乙一さん著「手を握る泥棒の話」のイメージイラストです。
実写映像化されました。別の絵がイメージイラストとして採用されました。
(そちらの方は実は違うお話の絵だったのですけど・・)
見開きのイラストは真ん中の折り目が邪魔ですので、画集をお持ちの方も、スッキリとご覧いただけるのではないかと思います。小さいけど・・

全く無関係と思われた二人の運命が重なる時、物語が生まれる・・
時計の長針と短針がたまに重なることにかけてみました。
針にある、育った枝とカゴの中の小鳥、芽とヒヨコ。
作り物の飛べる翼、本物だけど飛べない小さな翼。
それぞれが持ってない物(お互いの羽根)に手を差し伸べています。

出会いの奇跡というものをイメージして描きました。

どんな小さな出会いでも、未来へ繋がる何かを得ているはず・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。